決してセフレは広島では手を離しません

セフレは独身だから
道徳的には問題ない(と思う)…
それは夫婦間の「男性のセフレ時代」に似ています。違いは彼女の「シンシン」の不思議…
私は決して手を離しません。
「熱意…」、悲鳴を上げるまで、「喜び…」
広島でセフレ

私の最愛の「喜び…ありがとう…」
人生の充実感
そして、「セフレ…」の始まり

感情のこの変化、女性
どう思いますか?

*今年のクリスマスバスケット用にスニーカーが用意されました。
彼女から、赤に包まれた靴下。そして焼one1本。

カウンターに座ったら
すぐに出てくる「特別な料理」「空腹の毎日」
いつも「ご飯食べた?」
心配して

女性の同僚に対して、
静かに「プロパティ」と実証的な行動のおかげで…
私は他の女性を助けることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です