セフレは広島では真夜中に注文の電話を待っていました

セフレ、自宅で夜勤をしました。
真夜中に注文の電話を待っていました。
それは仕事ですが、あなたがしなければならないのは電話を取る準備ができていることだけです。
洗濯物をたたんでキッチンを片付けます。

でも30分くらいになると妙に眠くなってきました。
我慢できない!
だから私はそれを私のベッドサイドに置き、Zzzをベッドに置いた…

まあ、その状況は脇に置いておきます。
いつなのかわからないけど、トイレに行きたくて目が覚めた。
「眠い!」と思って目覚めたのを覚えています。

しかし、次に覚えているのは
セフレに座って寝ていました。
彼は寝ている間に何かを追加したようです。

しばらくの間、なぜ私のトイレで、
その上、あなたはあなたのお尻を露出させて寝ていますか?そして軽くパニック。
でも、セフレがなくてもすごいと思いませんか?

そしてその後、私の記憶は途絶えます。
トイレを出たのを覚えています、
気が付く前に朝目が覚めたら
ああ、ベッドで寝ているような気がした。

これは、和式トイレでは絶対にできないテクニックです。
椅子型の洋式トイレが良かったです。
そうでなければ、私は絶対に便器にはまっていると確信しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です